健康のためのに
先進国の三大死亡原因は

  脳卒中 心臓病 がん   

 「人は血管とともに老いる」   

ルミンA 間違った解釈--動脈硬化  

ルミンAの作用機序は 異物排除のための呑食です。

アテローム性の動脈硬化にみられる泡沫細胞は
マクロファージが 酸化LDL アセチル化LDLなどを呑食した後の死がいです;::
(LDL−−−悪玉コレステロール)

そこで マクロファージの呑食能を上がり LDL食べ過ぎることは 
良いのかどうか賛否が分かれます。

また 糖 コレステロール(LDLHDL)脂肪は 異物ではなく 飢餓時では貴重な栄養です。

動脈硬化にも種類があります。

生命が生きてく上では 老廃物は ゴミの除去にはマクロファージの呑食能力が
必要です。

しかし アテローム血栓では この作用が逆に生命を脅かすようにでてしまします。
 

ルミンAを 動脈硬化に有効などと 間違ったことをいう販売者います。、

ルミンAは 動脈硬化改善作用はあまり期待できないのです。



 
からだは60兆の細胞から成り立っている。

ゲノム研究が進み、DNAを読めば人間の

情報はわかると期待したが60兆の細胞の

見取り図は遺伝子をよむだけではわからい。

細胞と細胞がどうかかわっているか 相互の

関係を見ていくことが重要となる。



漢方は 人のからだを「証」でみる。
ゲノムやDNAが 小さな小さな世界からだが 
いわば漢方は反対側見ることとなる。
東洋医学は 人間全体から なにが起きているかを考える 。 


日本人の3大死因は
 脳卒中 心臓病 癌


この3つは 血管と深くかかわる病気である    。

 脳の血管が詰まる

心臓に栄養を与える管状動脈が詰まる。

癌の増殖 転移するためのあたらい血管ができる


 
 血管を単にパイプとしてみるのではなく 
 まわりのの細胞と共存する
 組織と考えると そのケアの方法もいろいろてる。

 
 「血管とともに老いる」という医学者の
 
 言い伝えがあるが

 血管のケアは なかなか病院ではできない。

 これは 健康保険が予防に適用できない。
 
 予防用のアイテムがないということからでしょう。


 


脳卒中

脳に血液を配る動脈が詰まったり、破裂したりして起こる
 心臓病

心筋梗塞は
 心臓の細胞に血液を送っている
 冠動脈という 血管が詰まってしま
 うのが原因


がん(癌)
がんの成長するには 血管が伸びることが重要である。転移の際も血管を通って癌細胞が散らばっていく 。
 


血管は からだに情報を流し込んいく体の共用部分でもあり、同時にそれぞえれの臓器の一部でもある。

血管は まわりの細胞と相互に影響しあわないと生きていけない。

血管の壁を越えて酸素や栄養がでていき、体の老廃物が集まってくるしくみ


これらの仕事は 血管の細胞とまわりの細胞の相互作用でなりたっている。

予防と治療(脳卒中 心臓病 がん)に血管のケアは不可欠

血管を守る漢方 新生血管(VGEF抑制)アテロームの漢方ご相談ください。

店頭ご相談はご予約制です。

予約 電話相談 050-1464-2247
(全国どこからでも市内料金通話料IP電話)
ドラッグネットJP快明薬局
       平日10:00〜19:00  土曜日10:00〜13:00
       
定休日  日曜日   祝日 



ルミンAページに BACK

     TOP